99.9%の事実‼和牛の原点を知る

原点。

神戸ビーフも特産松坂牛も実は、但馬牛なんです。

世界中のグルメがうなる『おいしい』の秘密を紐解いていきます。

99.9%の事実‼和牛の原点を知る

1400年続く閉鎖育成

閉鎖育成によって守られてきた血統

平安時代の書物にも優れた資質を記されていた但馬牛。閉鎖育種という独自の改良を1400年以上貫いてきました。同じ谷筋の牛を交配し続けて優れた特徴を代々受け継ぐ牛の系統「蔓牛(つるうし)」づくりが盛んになり、明治30年代には、日本初の牛籍台帳(牛の戸籍)が整備され、その後も他府県牛との交配を一切絶つ閉鎖育種を実施。純潔の血統を守り、純粋の但馬牛生産の仕組みを確立しているのです。


レジェンド牛「田尻号」を育てた男、田尻松蔵

黒毛和牛の99.9%は昭和14年に小代の貫田地区で生まれた『田尻号』の子孫だと証明されています。

世界的にも有名な神戸ビーフや松坂牛。その素牛は但馬牛で、但馬牛で各地に巣立ち、それらのブランドビーフになっているのです。つまり但馬牛=神戸ビーフや松坂牛だったりするのです。ここまで多くの影響を与えた『田尻号』は、まさに『和牛の原点』。日本中からその肉質の良さを評価された結果と言えます。小代が生んだ和牛界のスーパースターです!





昭和14年小代区貫田の田尻松蔵さん宅に生まれた雄牛。母は「ふく江」。田尻号は13年間に1500頭近い子供を自然交配で残しています。またその子牛や孫牛は肉質改善にと、宮崎、飛騨、松坂、米沢など各地の黒毛和牛の産地へ次々と引き取られ、黒毛和牛の肉質向上に寄与したのです。実に全国の和牛の9割を占める黒毛和牛の肉質の改良に貢献し、その血統を全国の牛にしっかり残しています。松蔵さんは「ふく江」を大変かわいがり、ふく江が生んだ4頭目の子牛が「田尻号」でした。松蔵さんは田尻号を生産した功績が認められ、昭和30年に黄綬褒章を受賞しています。





小代の人たちの牛への愛のおかげで今の「但馬牛」があるのだ

柔らかくて栄養豊富な野草や薬草を食べて、足腰の強い、健康で丈夫な牛に。

但馬では「弁当忘れても傘忘れるな」と昔からいわれるほど、雨の多い地区で、昼夜の寒暖差も大きいのが特徴。山々には豊富な水と、その恵みの野草や薬草も豊富にありました。夏の間は、その柔らかくて栄養豊富な野草や薬草を食べ、毎日険しい山を往き来することで、足腰の強い、健康で丈夫な牛となっていったのです。
また、雪の多い小代では冬の間は『まや』と言われる牛の寝床で飼われ、大切な家族の一員として愛情をたっぷりかけて育てられてきました。

小代の人たちの牛に対する愛情と強い思いで、今の「但馬牛」があるといわれています。


小代ガイドクラブのツアーでもっと「但馬牛」を知る

香美町小代の魅力を伝えるため、地元住民らで結成された「小代ガイドクラブ」。畜産農家の協力も得ながら「和牛のふるさと」として、より多くの方に但馬牛のルーツを知っていただくため、ガイド活動をしています。ツアーの受け入れ、インバウンド対策など、学習会を定期的に開催しながら小代を広くPRし、ファンを増やすべく、日々ガイドの勉強に励んでいます。多くの方とかかわりあいながら、奥深い小代を肌で感じてもらえるツアーです。

小代ガイドツアー
小代ガイドツアー
小代の濃い〜ツアーにご案内!日本で最も美しい村、香美町小代…
もっと見る
小代ガイドクラブ【Aコース】「日本の和牛のルーツを巡るツアー」
小代ガイドクラブ【Aコース】「日本の和牛のルーツを巡るツアー」
小代についてより深く知ることのできる、ガイド付き散策ツアー…
もっと見る
小代ガイドクラブ【Bコース】「小代の絶景を巡る」
小代ガイドクラブ【Bコース】「小代の絶景を巡る」
小代好きにはたまらない!カメラで思わず撮りたくなる、美しい…
もっと見る
ページトップへ